【ご報告】複数の避難所に物資支援いたしました。

2011年05月25日 00:00 オズビジョン

≪ドル箱しあわせブログ:2011年5月25日掲載分アーカイブ≫


いつもご利用ありがとうございます。ドル箱事務局の山本です。

ポイント募金にご協力ありがとうございます。

4/17(日)に実施いたしました物資支援につきまして、ご報告いたします。
今回も前回に引き続き宮城復興支援センターに協力する形で活動いたしました。

まずは、宮城支援復興センター(仙台市)へ。

ここでは以下の支援物資と寄付金を提供しました。

・ガソリン 800L(ドラム缶4本分)
・アイボン 1000本
・缶詰め 1000本
・寄付金 50万円

なお、寄付金につきましては、
ガソリンを協力いただいた鈴木石油の鈴木社長から支援金をご提供いただきましたので、
オズビジョンからの支援金と合わせまして、寄付させていただきました。

支援物資と寄付金を提供した後、
センター長の方と同団体の情報発信の方法について話し合う予定でしたが、
急遽、センター長から緊急のお願いがございました。

実は昨日、緊急物資が必要な避難所が見つかりました。
そこは保育園なのですが、子供達の靴や服などがありません。
もしお時間があるなら、今から物資を届けて欲しいのですが。

という内容でした。
急なお願いでしたが、是非お応えしたい、という気持ちから、
早速、センター長から子供達が必要としている物資リストをいただき、
以下の物資を運搬車に積んで避難所へ向かいました。

・洗濯機 1台
・ブラジャー各サイズ 段ボール5箱
・灯油ストーブ 2台
・ガスボンベ 数十個

1件目の避難所。気仙沼のなたり保育園へ(仙台市から80km北上)
リストに記載されていた以下の物資を調達し、支援させていただきました。

・うわばき、シューズ 30足
・ジャージ 16着
・薬用リップクリーム 30個
・BBクリーム 30個
・洗顔フォーム 30個
・割烹着 30着
・サンダル(男) 30足
・パジャマ(女) 30着


なたり保育園に到着し、物資を荷台から下ろす際、
避難されている皆様が集まっていただき、大変喜んでくださいました。

2件目の避難所。高台にある住宅(なたり保育園から20分程度)
高台にあるお宅に、津波を免れた近隣の方々が数十人が暮らしていらっしゃいましたので、
NPOのご協力のもと、物資を支援させていただきました。

以上、物資支援活動報告になります。
最後に、今回の活動に協力していただいた会社様を紹介いたします。

------------------------------------------------
■支援金及びガソリン・灯油
山梨県甲州市塩山西広門田62
有限会社 鈴木石油
代表取締役 鈴木 晴雄


※左から2番目が支援金をご提供いただいた鈴木社長

■ドラム缶 8本
山梨県南巨摩郡身延町宮木282
有限会社 長澤建材興業
代表取締役社長 長澤廣道

■ドラム缶 2本
山梨県山梨市牧丘町室伏50
有限会社 古屋石材興業
代表取締役社長 古屋秀子

■ドラム缶3本
山梨県山梨市一町田中183
山梨物流事業協同組合
代表理事 五味政治
------------------------------------------------

今後も寄付団体から被災地の情報を随時共有していただき、 最適な支援を努めて参ります。

この記事へコメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

お名前

  • ※ 未記入でもご投稿が可能です
ニックネーム

コメント

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)